家づくりの知識

KNOWLEDGE

住宅性能評価書って?

住宅性能評価所とは、国土交通省大臣に登録した第三者評価機関が全国共通ルールのもと、

住宅の性能を公平な立場で評価し、その結果を表示した書面です。

住宅の性能については、10の分野を、等級や数値などで表示しています。

  • 構造の安全に関すること(耐震等級・耐風等級・基礎の構造方法及び形式等など)

地震などが起きた時の倒壊のしにくさや損傷の受けにくさ、強風や大雪に対する強さに関する評価をします。性能表示を使うと評価機関が建築工事を検査するので、ミスや手抜き工事の防止に役立ちます。

  • 火災時の安全に関すること(感知警報装置設置等級・耐火等級)

住宅の中で家事が起きた時、安全に避難できるための、燃え広がりにくさや避難のしやすさ、隣の住宅が家事のときの延焼のしにくさなどを、評価します。

  • 劣化の軽減に関すること(劣化対策等級)

年月が経っても土台や柱があまり傷まないようにするための対策がどの程度されているかを評価します。

  • 維持管理・更新への配慮に関すること(維持管理対策等級など)

水道管やガス管、排水管といった配管類の点検・清掃・補修のしやすさ等を評価します。

配管類は一般に構造躯体の修繕などを実施するよりも早く取り替える必要があるため、

配管の点検や清掃のしやすさや、万一故障した場合の補修のしやすさなどを評価します。

  • 温熱環境に関すること(断熱等性能等級・エネルギー消費量)

冷房や暖房を効率よく行うために、床・壁・天井や窓の断熱性能について評価します。

  • 空気環境に関すること(ホルムアルデヒド対策・換気対策など)

建材に使用されている接着剤の中に含まれるホルムアルデヒドという物質がシックハウスの原因の一つとされています。この為、建材に含まれるホルムアルデヒドについて評価します。また、住宅の中で健康に暮らすためには適切な換気が必要なので、どのような換気設備が整えられているかについても評価します。

  • 光・視環境に関すること(単純開口率・方位別開口比)

東西南北及び上方の5方向について、窓がどのくらいの大きさで設けられているかを評価します。

  • 音環境に関すること(選択項目)

主に共同住宅の場合の評価項目で、上下又は隣接する住戸への音の伝わりにくさを評価します。(この評価はオプションです。)

  • 高齢者等への配慮に関すること(高齢者等配慮対策等級)

高齢者や障害者が暮らしやすいように、出入り口の段差をなくしたり、階段の勾配を緩くしたりというような配慮がどの程度されているかを評価します。

  • 防犯に関すること(開口部の侵入防止対策)

外部からの侵入を防止するために、開口部(ドアや窓など)に防犯上有効な建物部品を設置する等、進入防止対策がされているかを評価します。 詳しくはこちらから→JIO株式会社日本住宅保証検査機構へ

土地建物買取 メール問合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業時間:9:00〜17:30 |
定休⽇:日曜・祝日 他

土地建物買取 お問い合わせ

土地建物買取 お問い合わせ 本社 0479-64-2103 銚子支店 0479-64-2103