家づくりの知識

KNOWLEDGE

長期優良住宅とは

長期優良住宅は、長く安心・快適に暮らせる家。平成21年にスタートした「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアし、認定を受けている家が「長期優良住宅」と呼ばれています。新築一戸建ての場合、下のイラストにある項目が主な認定基準です。

当社ではすべての基準をクリアしており、長期優良住宅を建設することが可能です。ぜひご相談ください。

  • 躯体構造等の劣化対策

住宅の構造躯体を3世代にわたって使用できる構造

認定条件→劣化対策等級3

リードでは最高等級3に対応

  • 耐震性

大地震が発生しても少しの改修で、

継続利用ができるよう損傷レベルの低減を図る

認定条件→耐震等級2以上

リードでは耐震等級2以上に対応

  • 維持保全・更新の容易性

定期的なメンテナンスが容易に行える

認定条件→維持管理対策等級3

リードでは最高等級3に対応

  • 省エネルギー性

次世代省エネルギー基準に適合に必要な断熱性能などの

省エネルギー性能を確保している

認定条件→省エネルギー対策等級4

リードでは最高等級4に対応

  • 維持保全計画

建築時から将来を見据えて定期的な点検・補修当に関する

計画が算定されている

  • 住居面積

床面積75㎡以上の快適な広さで良好な居住水準を確保

  • 居住環境

良好な景観の形成と地域における居住空間の維持及び

向上に配慮された住宅

  • バリアフリー性

将来のバリアフリー改修に対応可能な住宅

  • 可変性

居住者のライフスタイルの変化に応じて間取りの変更が可能

詳しくはコチラ→JIO株式会社日本住宅保証検査機関へ

リンク先:https://www.jio-kensa.co.jp/

税制にはどんなメリットがあるの?

5つの税優遇

・住宅ローン減

・固定資産税

・不動産取得税

・登録免許税

・投資型減税

住宅ローン控除の控除額が10年間で最大500万円になります。

住宅ローンを借りて家を建てたり買ったりした場合に、年末ローン残高の1%が10年間、所得税と住民税から控除される住宅ローン控除(住宅ローン減税)。10年間(※)の最大控除額は一般住宅だと400万円ですが、長期優良住宅は500万円になります。

固定資産税も1/2となる軽減期間が5年に延長され(一般住宅の場合は3年)、所得税も控除対象限度額が5,000万円にUP。10年間の最大控除額が500万円(一般住宅の場合は200万です。)になります。

その他優遇

・フラット35

・贈与税非課税枠

・地震保険軽減

・省エネポイント

その他、フラット35金利が10年間は0.25%の金利引き下げの対象となったり、所有権の移転登記・保存登記の登録免許税が軽減されます。耐震性の高い長期優良住宅は、一般住宅に比べ地震保険料が引き下げの対象となったり、長期優良住宅はお得がたくさんです。

土地建物買取 メール問合わせ

お電話でのお問い合わせ

営業時間:9:00〜17:30 |
定休⽇:日曜・祝日 他

土地建物買取 お問い合わせ

土地建物買取 お問い合わせ 本社 0479-64-2103 銚子支店 0479-64-2103